就労支援事業所開業マニュアル

就労支援事業所開業マニュアル 就労支援事業所開業マニュアル

まだ開業コンサルに何百万円も支払って情報を取りますか?
就労支援事業所の開業に関する情報を無料で発信します。

就労支援事業所の開業スケジュールと各工程の主旨は以下よりご確認ください。

1.就労支援事業所開業の目的・理由の整理
2.就労支援事業所を開業するエリアの調査
3.就労支援事業所の開業に向けて資金計画(収支シミュレーション)を実施する
4.就労支援事業所の開業を検討している市区町村窓口に相談(同意書が必要)
【番外】人員基準について理解する(令和3年制度変更あり)
【番外】設備基準について理解する
5.就労支援事業所の開業に向けて資金調達の計画立案
 5-1.【開業資金準備】就労支援事業の開業でイニシャルコストを考える
 5-2.【開業資金準備】就労支援事業の開業でランニングコストを考える
 5-3.【開業資金準備】就労支援事業の開業でキャッシュフローを考える
6.就労支援事業所の開業に向けて法人設立
7.就労支援事業所の開業に向けて物件調査
8.就労支援事業所の開業に向けて人員確保
9.就労支援事業所の開業に向けて市区町村担当者と事前協議

↓以下は有料サポートとなります
10.就労支援事業所の開業に向けて資金調達で失敗しない
11.就労支援事業所の開業に向けて無駄なく備品を揃える
12.就労支援事業所の開業に向けて広報用資料整備
13.就労支援事業所の開業に向けて離職を防ぐ職員研修を行う
14.就労支援事業所の開業に向けて失敗を防ぐ営業活動を行う
15.就労支援事業所の開業に向けて効果的なWeb集客戦略を行う
16.就労支援事業所の開業に向けてSNSを運用する

LINEを使ってチャット相談を行う

開業・経営・各種研修の申込みはお気軽にご相談ください。


友だち追加

開業の個別サポートを受ける

 

就労支援事業所開業マニュアル

【番外】資金調達について考える

経営を行っていくためには資金が必要です。特に就労支援事業のように、物件を整備し国の許認可を得て運営する事業は、物件の整備や人材の確保に初期費用が必要です。加えて、開業時も障害者が通所していないため、基本的には売上は0円からスタートします。障害者が通所し、事業が黒字化するまでの運転資金も確保する必要があります。
就労支援事業所開業マニュアル

就労支援事業所の開業に向けて行政担当者と事前協議

事前協議を進めましょう。新規で開設する施設の経営担当者と都道府県(中核市、政令指定都市などであれば市区町村)の社会福祉施設の許認可の担当者が対面にて実施する打ち合わせです。ポイントを開設します。
就労支援事業所開業マニュアル

就労支援事業の開業に向けて人員を確保する

 就労支援事業の開業に向けて人員確保は必須のアクションです。では効率的、スムーズに人員を確保するためにはどのような方法がありのでしょうか?今回は初期から活用できる人材確保の方法についてご紹介いたします。
就労支援事業所開業マニュアル

物件調査!就労支援事業所の開業に向けて効率的に物件を確保する

就労支援事業所などの社会福祉事業は国の認可が必要です。認可の中でも設備基準はとても重要です。万が一、基準を満たしていない物件を誤って契約してしまうと、追加の工事費用などが発生し創業初期には痛い出費となります。本記事に記載の内容に十分留意いただき進めてください。
就労支援事業所開業マニュアル

【就労支援を開業】法人を登記する(その要件とは?)

就労支援事業所の開業に向けて、法人の準備を進めましょう。社会福祉事業を運営する場合、個人ではなく法人が必要です。就労支援事業の場合、法人登記にも要件が必要になります。万が一、要件を見落としてしまい、登記変更で余計な出費とならないように注意してください。
就労支援事業所開業マニュアル

【開業資金準備】就労支援事業の資金繰りは癖がすごい!

就労支援事業を開業する場合に必要となる資金についてお話しています。結論としてイニシャルコストで約700万、ランニングコストで165万の費用が必要です。おおよその費用感をつかんだ次のステップとして、事業が黒字化するまでにどのくらい資金が必要なのか確認してみましょう。
就労支援事業所開業マニュアル

【開業資金準備】ランニングコストは月々165万円必要です

就労支援事業所を開業しても、最初は障害者が0人で売上0円の状態から始まります。ただ当然ですが家賃や人件費は初月から発生します。、黒字化するまでに一体いくら必要なのか。また、単純に黒字化するまでの資金でいいのか、考えていきたいと思います。
就労支援事業所開業マニュアル

【開業資金準備】就労支援事業の開業でイニシャルコストは700万必要です

 就労支援に限らず、事業を行うのであれば資金が必要です。ご自身で開業するのであれば、事業が軌道に乗るまでに必要となる初期費用や運転資金を確保する必要があります。今回は就労支援事業を運営する場合に必要となる資金の内、イニシャルコスト(初期費用)について考えたいと思います。
就労支援事業所開業マニュアル

【番外】就労支援事業における施設の設備基準を理解する

就労支援事業所の開業には、「設備基準の理解」が必須です。設備基準は、社会福祉施設で安定的に提供されるべきサービス内容で、必要不可欠であると判断されているものが明確に明記されています。事業所として、当該目的を明確に理解したうえで、日々の運用を進めていく必要があります。今回は設備基準について記事にしていきます。
就労支援事業所開業マニュアル

【令和3年制度変更あり】人員基準を理解する

【令和3年制度変更あり】人員基準を理解する  こんにちわ!就労支援事業運営.comの管理人です。国内で、就労支援事業所の開業・運営支援を行っています。就労支援事業などのソーシャルビジネスは国の認可を受けて運営します。そのためには、国...