就労支援事業の経営・運営基準を理解する

法理解

【制度理解】就労支援事業所における衛生管理等について※令和3年度追記あり

感染症の大流行等がきっかけで、社会福祉サービス事業を運営する中での衛生管理方法が議論されています。自社施設の特徴を踏まえた徹底した管理を行うとともに、基準に従った委員会等の設置が重要です。しっかりとご確認いただければと思います。
法理解

【制度理解】就労支援事業所における非常災害対策について(令和3年新設ポイントあり)

就労支援事業所のように複数の障害者が通所し、利用する場所では、日頃からの災害対策は極めて重要です。環境整備は事業者の責任であるので、徹底した対応が必要であると言えます。今回は、就労支援事業所が実施する必要がある非常災害対策についてお伝えいたします。
法理解

【制度理解】就労支援事業所における定員の考えについて

就労支援事業所には定員数が定められています。定員数は条件が揃うことで超過することが認められています。就労支援事業所の売上に関わるポイントであり、基準に違反すると減算等の対象となることから基準の理解は重要です。しっかりと確認していきましょう。
法理解

【制度理解】就労支援事業所における「勤務体制の確保等」について

就労支援事業所は、従業員に対する安全で働きやすい労働環境を定める必要があります。基準には、事業者側が留意しなければならない運営上の要点が記載されていますので、ご一読いただき自社施設の課題を確認いただければと思います。
法理解

【制度理解】就労支援事業における「運営規程」の基準に令和3年から追加された項目

令和3年度の法改正で、運営規程に関する基準に追記された箇所があります。柔軟な記載が認められることになった点と、虐待防止に関する記載が必要となった点です。最新情報で自社施設の体制を更新できるよう、しっかりと確認していきましょう。
法理解

【制度理解】就労支援事業所における「食事」について

就労支援事業所で食事を提供する場合に遵守する基準が存在します。障害者によっては、食事面について医師から管理の徹底を指示されているケースもあり、全障害者に標準的に提供するものではありません。基準にも記載されているので、しっかりと確認しましょう。
法理解

【制度理解】就労支援事業所における職場への定着のための支援の実施について

定着支援は障害者の一般就職後6ヶ月間提供されます。実は、障害者本人が希望しない場合でも、指定障害福祉サービス事業所は定着に必要とされる支援を提供する必要があります。提供方法等が基準に記載されていますので確認してみましょう。
法理解

【制度理解】就労移行支援事業所での「実習の実施」について

就労移行支援事業所が提供する「実習」について確認しましょう。一般就職に向けて、障害者の方に実践的な訓練を実施できる実習にも、基準上のルールがあります。一読いただき、誤った運用を行わないよう注意いただければと思います。
法理解

【制度理解】就労支援事業における工賃の支払等について

就労継続支援B型事業所と移行支援事業所にとって、工賃の支払に関する基準は大変重要です。就労支援事業所を適切に運営するためには、事業所の収益として計上できるお金と、障害者に支払う必要のあるお金については、明確に区別して運用する必要があります。うっかり支払いそこねた、ということが無いよう基準を確認していきましょう。
法理解

【制度理解】就労支援事業における「生産活動」とは

就労支援事業所で提供される「生産活動」について確認しましょう。特に就労継続支援事業所では当たり前のように提供されている生産活動ですが、基準上規定されている運用ポイントがあります。誤った理解を防ぐため、一読いただければ幸いです。